ヒロコ

こんにちは、女性起業・個人コンサル&プロデュース
アロマリーディング Le・couer ル・クール 川口ひろ子です。

人として生まれたからには
魂を成長させる為に、学び、思考することをやめてしまったら、人でないのだ。
思考して、なにかを得る。

自分のこの人生をどうしたいのか。
どう生きたいのか。
本気で自分の人生を生きる。

人生の岐路に

私は、高卒で、勉強も、そこそこ。
高校を卒業した頃は、どこかに就職して、結婚して、子育てして、歳をとって…
と何気なく生きてきたように思います。

でも、40歳を迎える頃になると、子育てもひと段落、さて、どう生きるか。と、本気で考え始めました。

人の役に立ちたい。
どう役に立つのか。
仕事は、いろんな職業があって、どの仕事も、人の役に立つもの。

今まで資格を取ったもの、出来ることから、考えてみました。

でも、なかなか、自分の中で、これだ。
と思えるものがなく。試行錯誤。

経理をずっとやってきていたし、経理のスキルをアップしつつ、経理の仕事を。と、考えましたが、世の中は厳しい。

 

でも、やはり、全ては縁から、生まれました。

まずは、20年ほど前からお世話になっている。現在の私の神様系の師匠
の奥様の言葉

奥様といっても、この方もすごい方で。

その奥様に、
「経理やパソコンに向かってする仕事をしたいのは、自分が楽だからやってるのよね。本当は、人と関わる仕事の方が、あなたに関わってもらう人は、いいのよ。人と関わる仕事は、自分が大変だから、やりたくないのよね。」って。

なんか…
魂が震えました。

 

 

そうだなぁ…って、心の底から、そう思えたんです。それこそ、魂が反応したんです。

人と関わることは、たくさんの勇気や覚悟が必要です。

自分というものが、人と関わり、役に立つにはどうすればいいのか。

そこから、私は人と関わる。

今の仕事を選択しました。

 

 

選択をして、さて、一人でどうするか…といったところで、また、これもご縁。

今のビジネス系の師匠から、仕事をする上で大切なこと、たくさんのことを指導して頂くことになりました。

神様系の師匠からは、目に見えない四次元以上の世界のことを。

ビジネス系の師匠からは、ビジネスのことはもちろん、人として、禅の世界からの見えない世界のなどを。

どちらも、
学べば学ぶほど、目に見えることと、見えないことは、どちらも大事だと思える。

どちらも大事にするからこそ、たくさんの役にも立てる。

そんな機会(チャンス)を頂けた両師匠には、感謝しかありません。

 

 

 

 

 

 

 

今の私は

目に見えるもの
目に見えないもの

それぞれを分けて考えること自体が愚問で。

どちらもあるからこそ、成り立っていて。
目に見えるものだけを見て考えるのではなく、目に見えないものをどう感じて、
どう思考するのかが、人なのだ。と思う。

人は成長する生き物で、成長するには、考えなければならない。
では、人はなぜ成長し続けなくてはならないのか?

人生は苦行である。

今生きているだけで終わりならば、成長する必要もない。
では、なぜ、苦労しなければいけないのか?

ということは、死んでもなお、その世界があるということになる。

人は魂を成長させるため、人として生まれた。
ただ好きなことをして生きるのではなく、何を学び、何を得るのか。
魂の成長のために、どんな苦労をして、どんな魂に成長するのか。悟りの世界。

幸せはひとそれぞれで、本人が幸せならば、それが本人の幸せで。

毎日、一瞬一瞬が、今幸せだ。と、感じている人はどれだけいるのだろう?

幸せだと感じる瞬間と、生きづらいと感じる瞬間がそれぞれあって。

 

それによって、人は考える。

自分の人生とは。と

 

それらの疑問を追求した、哲学や思想
歴代の偉人と呼ばれる哲学者や思想家

 

西洋哲学では、ニーチェ、カント、デカルト、ウィトゲンシュタインなどなど

東洋哲学では、釈迦、孔子、孟子などなど

 

最初から、この方達は、偉大と呼ばれていたわけではなくて、とことん学び、とことん疑問を追求して出した答えを、多くの人が賞賛しているからこそ、偉大な人になった。

哲学は、多くの人が何気なく疑問に思ったことを、なんでだろ?で、終わらせず、とことん追求したからこそ、答えに結びつき、多くの指針となるような言葉をもたらしてくれる。

そして、そこから、多くの学問が生まれ、派生し、また、本質を掴もうとしている。

現代の情報化社会で、多くの本や、多くの解説書があり、何を手に取り、何を得るのか。

簡単にわかりやすく書かれたものが散乱する中、やはり、本来の元になるものを読んで、そこから、自分自身が何を感じ、何を考えるのか。
そうじゃないと、わかりやすく書かれたものは、その人の主観で、書かれているから、その人の主観から感じものでしかないからだ。

 

ニーチェが考えたことは、ニーチェが書いたものから。

しかし、
釈迦は、経典がない。
弟子が伝えられたことを、経典として残している。
答えを教えるのではなく、自分が自ら考え、感じ、得ようとすることを教えているのだと思う。

 

人として生まれた私たち。
魂を成長させる為に、学び、思考することをやめてしまったら、人でないのだ。
思考して、なにかを得る。

自分のこの人生をどうしたいのか。
どう生きたいのか。
本気で自分の人生を生きる。

その為に、多くの先人が考え抜き、導いた答えを元に、そこから、ヒントをたくさん貰いながら、自分の人生を創造するのは、今からでも遅くないのではないでしょうか?

本を読むのが苦手とか、勉強できないから。

ではなく、自分の人生をとことん自分で考えて、創造していく。

そこには、人ありき。
因縁果報

縁ある人
人は人からしか学べない。

遮断してしまっては、学ぶすべさえ失ってしまう。

わからない時は、たくさんの偉人たちの書物の中の考え方や思想から、ヒントをもらおう。
そして、自分の人生に責任をもって、答えを見つけてみよう。

すぐには見つからないこともあるだろう。
でも、諦めず、投げやりにならず、捨てずに。

全ては必然。偶然ではない。
意味があって、起こることなんだ。
ひとつひとつの出来事を大切にしていきたいと思う。

 

いかなる道もひとつの道にすぎない。
心に従うかぎり、道を中断してもさげすむ必要はない。
あらゆる道を慎重によく見ることだ。
必要とあらば何回でもやってみるがいい。
そして自分に、ただ一人の自分に、次のように尋ねてみるのだ。
この道に心あるかと。
心があればいい道だし、なければ、その道をいく必要はない。

カルロス.カスタネーダ
『ドン・ファンの教え』

 

自分に誠実に。

 

 

さいごに▼

神様系の師匠にいただいた言葉。

神様の心を大切にしなさい。
感謝、誠意、誠実さ、嘘をつかない、謙虚であること、自分自身と対話し
自分の生まれてきた意味を自分との対話の中で見つけようとすること。
自分が今いるのは先祖、そして遡って神様のお陰であることを大切に思う事です。

あなたの未来が変わる空間と癒やしをご提供します。

Le・coeur ル・クール

あなたの未来が変わる空間

あなたは自分自身の可能性に気づいていますか?

あなたがまだ気づいていない
あなたの可能性はなんでしょうか?

自分の未来をしっかりと見ていますか?