ヒロコ

女性個人コンサル&女性起業プロデュース

アロマリーディング
クリエイティブライトワーカー

Le・couer ル・クール
川口ひろ子です。

現在の情報化社会の中で、
欲しい情報は、グーグル先生に聞いたり、
SNSなどで、知ることができたりします。

ですが、逆に言えば、

欲しくない情報も入ってくる。

自分で、情報のコントロールも必要となっています。

あなたは左脳派?右脳派?

あなたは左脳派でしょうか?
それとも右脳派でしょうか?

左脳派というのは

言語や計算力、論理的思考

  •  論理的で冷静
  • 筋道を立てて考える
  • 客観的な分析
  • デジタル派
  • 計算が得意
  • 几帳面

右脳派というのは

イメージ力や記憶力、想像力やひらめき
五感に関係、感情

  • 感情表現豊か
  • 感性がするどい芸術家
  • 人の気持ちを汲み取れる
  • 空間認知に長けている
  • アナログ派
  • 暗記が得意

と言われています。

ですが、実際には、左脳と右脳の一方が優勢になるという事実を証明した研究はないそうです。

でも、いつからか、どこからの情報からか、

右脳派、左脳派
というような考えが根付いています。

そうやって、いつどこで聞いたのか?
覚えのない情報が当たり前のように知っている。
ということが多分野であるのではないでしょうか?

しかし、それが本当なのか?

きちんと自分自身で確認することが必要なのではないかと思います。

 

知るということ

こうしていままで、あたりまえだと信じていたことが、

それは違うんだよ?

って、なったとき、どんな感覚を覚えますか?

 

え?
にわかには、信じられない。
とか、
そんなはずはない!
とか
調べてみて、
自分が信じていたことを肯定することを
探しはじめませんか?

人は、自分が信じているものを信じます。

あたりまえのことを言っているようですが…

でも、それは時代遅れのパラダイム

これからは、はるかに拡大され、
さらに包括的な視点を
持つことが大切になってきます。

他の投稿でもお話ししていますが、
メタ認知力をつけていくこと。

いままで、信じていたことを
一度、とっぱらって
枠を外して
新たな視点を持つこと。

そのためには、
違和感を持つこと。

例えば

本を読もうと思ったとき

本を探していても
なぜか、自分が知っているような類似性のあるものを
手に取りませんか?

でも、それでは、
自分の新しい視点を養うことはできません。

違和感を持つもの。

ん〜。これは、今までは
読みたいと思ったことがない。
とか
なんか、違うんだよな。
というような違和感のあるもの

というものを、手に持ってみてください。

新しい情報がそこにはあるはず。

手に持ってみた。

そこに意味があります。

あなたの手がその本を手にした。

あなたがあえて
違うかも。と思ったとしても
それを手に取った。

その偶然は
あなたのパラダイムシフトを
起こしてくれるものでしょう。

新しい視点をもつことができると思いますよ。

 

 

 

 






あなたの可能性を現実にするお手伝いをしています。
お問い合わせはこちら

Skypeでも、セッション承ります。
お問い合わせください。

ライン@でも受け付けしています♪
友だち追加

Le・coeur ル・クール

あなたの未来が変わる空間

あなたは自分自身の可能性に気づいていますか?

あなたがまだ気づいていない
あなたの可能性はなんでしょうか?

自分の未来をしっかりと見ていますか?